ネイルアーティストの仕事内容

ネイルアーティストの仕事内容は?

メインの仕事は、やはりお客さんの爪をきれいにしてあげることですね。

自分ではできない「かわいいデザイン」や「きれいな色」にしてほしくて足を運んでくるので、なるべくお客さんの希望に応えるように爪をきれいにしたり、アートやラインストーンなどでデザインしたり、折れてしまった爪の補修や人工爪の作成などをします。

お客さんの中には爪の悩みを抱えている方も少なくありません。

できる範囲であれば、爪や指のケアもネイルアーティストの仕事になりますし、自分でできるお手入れのアドバイスをすることもあります。

ネイルアーティストによって得意なもの不得意なものがあるかもしれませんが、ネイル関係の技術はどんどん進歩していっているので、現状で満足するのではなく、常に最新の情報を掴んで習得していかなくてはいけませんね。

また、爪に直接は関係ありませんが、お客さんの居心地のいい場所を提供するというのも仕事の一つではないでしょうか。

爪を綺麗にしたいお客さんはその時間を楽しみに来ているので、その特別な時間を満足してもらうためにも雰囲気や会話などにも気を配りたいですね。

自分のサロンであればサロンの雰囲気やBGMなどもチェックしましょう。

自宅近くのおすすめなネイルスクールなどの情報は?

ネイルアーティストを目指す場合、自宅で学ぶ以外にもスクールに通学して必要な技術を身につける、という方法もおすすめです。
ただ、通学で通う場合には地元にいい学校があるかどうかわかりませんよね?
そういうときに便利なのが、「ビューティー資格ナビ」のスクール情報です。
ここでは、自分の住んでいる地域で、都道府県別に人気のネイルスクール情報を見られたり、詳しい資料を一括取り寄せできたりもします。
資料請求は無料なので、気軽に取り寄せて検討してみることもできますね。
(通学だけではなく、通信講座の方も資料請求できたりします)

>「ビューティー資格ナビ」についてはここで確認できます